• 茶芯ラウンドジップウォレット
  • 茶芯ラウンドジップウォレット
  • 茶芯ラウンドジップウォレット
  • 茶芯ラウンドジップウォレット
  • 茶芯ラウンドジップウォレット

ラウンドジップウォレット

ラウンドジップタイプの長財布。外周ジッパーには1920-1930年頃のモデルで通称大戦タイプと呼ばれるTALONジッパーを採用。内部の小銭入れには1960-1970年代に多くのジッパーデニムに使用されたことでも知られる42TALON。どちらもオートロックスライダーですので、自然にジッパーが開いてしまう事がなく、引き手を軽く引き上げてからスライドさせます。

GOOD OLD WORKSの茶芯サドル

通常茶芯といえば顔料による染色が一般的ですが、GOOD OLD WORKSの茶芯レザーは染料仕上げです。そのため革の風合いを損なうことなく革らしい表情と経年変化が見られ、表面がひび割れたり剥がれるような事もありません。
※繰り返しの摩擦により中の茶色い面いわゆる茶芯が出てくる場合がございます。

上質、堅牢な栃木レザー

使用している革は栃木レザー社の職人より丹精込めて鞣されたヌメ革で、堅牢性と柔らかさを持ち合わせており使うほどに馴染んでいきます。有害な薬品類を一切使わずに時間をかけてじっくりと鞣されたヌメ革だからこそ、上質で耐久性にも優れる素材となりえます。

部位にもこだわり

革にも部位や繊維があり、それぞれ適した使い方があります。お腹や首周りは繊維が緩く銀面(革の表)も傷んでいる事が多いため、例え上質なレザーでも商品の素材としては不向きと考えています。そのためBACKORDERでは肩や背中、お尻のあたりの上質な部分を商品用に使用していますが、限りある天然素材を使わせてもらっているため、余った部分はなるべく無駄にならないようサンプル制作や試作などに使用しています。

充実した収納

大きく開く内装は使い方次第でカードやお札など、かなりの収納力があります。カードポケットは片側に4枚ずつで合計8枚分、お札も計4箇所もの収納場所があります。また中央の小銭入れは片マチタイプで、視認性も良い構造になっています。

素材:牛革(ステアハイド)
カラー:茶芯ブラック
サイズ:約19.5cm×10cm
ジッパー:TALON

※天然素材のため革にシワやキズなどが入っている場合がございます。
※特に湿気を含んだ場合等は色移りする場合がございます。
※モニターの発色の具合によって実物と色が異なる場合がございます。

販売価格(税込)
¥41,040
在庫状態
1〜2営業日以内に発送
数量